Event

2019年1月のDJインフォメーション

16094 実は昨年半ばからDJの出来が安定してきて調子が良いのです。理由はいくつかあって、まず機材を更新してそれが軌道に乗ったこと。音は明らかに一桁良くなっています。また、曲のリサーチも物凄く効率的になりました。そしてなによりも、音楽そのものを集中して楽しめるようになったこと。DJ歴は20年になりますが、歴..

12月のDJインフォメーション

1589012月のDJ Fukudaのスケジュールです。毎回、新曲良曲とりまぜてセットリストは常に変わりますので、続けて毎回来ても新鮮な感動を味わえます! 12/5    Tropi Azabu  DJ 21:0012/12  Tropi Azabu  DJ 21:0012/19  Tropi Azabu  ..

11月のDJインフォメーション

1578111/14(水) Tropi 21:00-23:30 DJ 11/17(土) Tropi 20:00-23:30 DJ Cuban y Dominican Event 「Eta Vaina e Caribeña (こいつがカリブだぜ) 」 11/21(水) Tropi 21:00-2..

TIM★CUBA Music of the Year 2015 その1

毎年恒例のTIM★CUBA Music of the Year の発表です。

このコーナー、今年からエントリー作品は、
CDのほかネット配信のアルバムも対象にすることにしました。
長い間CD主義だった私ですが、昨年はついにPCDJに。
また、CD発売が遅く(CD発売されないケースもあり)
音源の購入はネット中心になったこともあって
エントリー変更を決断しました。

それでは、2015年の第10位
Azucar Negra 「Bailar con Tacones」

2015-AZUCAR NEGRA

バンボレオから分裂して出来たバンドで
さらに編成が似ていることもあって
常に比較されることの多いアスーカル・ネグラですが、
ついに男性ボーカルだけにしてバンボレオと差別化をはかりました。
この変化は今作ではまだ充分発揮されたとは言えませんが、
全盛期のアスーカル・ネグラ復活を目指しての試行錯誤ととらえて
期待をかけています。
以前のヒットナンバーを男性ボーカルだけで
セルフプロデュースしてもよいのではと感じています。

第9位はBamboleo 「Caramelo con Picante」

2015-Bamboleo

女性ボーカルを擁したバンドの元祖、バンボレオの新作です。
精力的に活動し、標準以上の楽曲ばかりのアルバムには
なっていますが、タニアやアライン・ダニエルの在籍していた
ころの勢いまで戻っていません。
今のバンボレオにはスターがいないので
まずはメロディの分かりやすい大ヒットナンバーが
必要な感じがします。

第8位はGrupo Danson 「Rumba Son con Timba」

2015 Grupo Danson

アレキサンデル・アブレウがハバナデプリメーラを立ち上げる
前に初めてボーカルを披露した
ヨーロッパのティンバ系バンドのセカンド。
アブレウはディレクションも行っていて自身のバンドの構想を
このバンドで行っていたことでも有名。
ルンバ系の音をティンバに取り入れたサウンドと
味わいのある演奏で好感のもてる作品に仕上がっています。

引き続き第7位~第4位の発表、そしてベスト3と続きます。

(福田カズノブ)


Add A Comment