Event

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

カウントダウン

17460 TIMCUBAカウントダウンありません が、12/31 麻布トロピにDJ KAZURU ちょっとだけ 遊びにいきます 21時から日付変わるあたりまでいる予定! ..

José Luis Cortes – AFRO SALSA

2000
362312 Lusafrica



1.Appolp
2.Yow mi
3.Angola
4.200% Zoblazo
5.Bane
6.Pata Pata
7.Adia
8.Miragem d’amor

見よ、このヒップ。

ジャケットからもセンスの良さが漂ってくるってものでしょう。

大々的にクレジットされていないので見逃しがちですが、これはNGラ・バンダのリーダーとして世界に知られるホセ・ルイス・コルテス(通称トスコ)によるユニット。
タイトルはもちろん「アフリカの曲をサルサにしてみました」ということなのでしょうが、サルサの顔の裏に、土臭いアフロの匂いを感じさせる、まさにどういう音楽とは一言で説明しにくい現在のキューバ音楽そのものを表現した言葉という感じもします。


れを手にした2001年頃は、特にセサリア・エヴォラの歌で知られる 3.angola
がお気に入りで、DJでもよく使用しました。当時流行していた「ティンバ調」の楽曲の中では群を抜いてクールな印象をフロアに与えていたことが思い出され
ますが、このアルバムでボーカルをとっている女性がキューバの人気歌手ハイラ・モンピエ似の節回しのため、ハイラの新曲かと質問されることが少なくなかっ
たようです。

ミリアム・マケイバの代表作である 6.Pata pata もいまだにDJの時によく使う曲ですが、これは何と日本のフォークダンスの楽曲として知られてもいるとか。どちらにしても、鋭いトスコのアレンジで、一曲ごとに異なる顔を見せてくれるのが楽しい1枚です。

個人的にNG名義の作品のものよりも、そうではないトスコの仕事のほうが可能性を感じさせてくれるので好きです。

時期に LUSAFRICA からリリースされている美貌の女性歌手 OSDALGIA のアルバム「LA
CULEBRA/262862/1999」もトスコが手がけていますが、これも非常に充実した内容。なんとプロデュース能力に優れた人なのだろうと、その
幅広さには感服。

NGが日本に紹介され始めた頃の印象しか持っていない人ほど聴いていただきたいものです。

(DJ KAZURU ★ 2004/12/13)


Add A Comment