Event

DJ KAZURU の予定

16671 2019 9 15 sun 六本木トロピですこーしだけ DJ します ········ *timba club の中で少しだけDJ KAZURUの 時間があるということです 登場は21時から23時の間のどこか 2019 11..

TIMBA CLUB 5/5 2019

16442 GWはTIMBA CLUBへ! 盛り上がりましょう! キューバ好きの方 大歓迎です ..

2019年3月のDJスケジュール

16318 3月は最新Timba、TimCubaクラシックス、最新Salsaに往年のクラブクラシックス、そしてSonを縦横無尽に繰り出すスタイルで皆さんをお待ちしています。DJスケジュールは以下の通り。お時間あるときはぜひ!3/13(水)Tropi3/16(土)Tropi3/20(水)Tropi3/2..

2007
Cuban Roots 7187

1. Opening
2. La MasaQuitándome Lo Malo
3. Esto Está
4. Poupurri (El Veterano – La Discordia De La Frutas – Si Quieres, Quiéreme)
5. Cambia Tu Faceta
6. Lo Bello Por Dentro
7. Control
8. Recoge Y Vete

キューバのバンドはライブが凄い、
というのは今や定説になっていますが、
昨今は CD を遥かに超える生演奏にはなかなか
出会えなくなってきました。

それは、キューバのバンドだけが持つ独特なグルーヴを
出せるバンドが少なくなっていることに起因しています。
また、超絶テクニックは始めのうちにこそ驚きはありますが
次第に慣れてしまうという点もあります。
トップ・バンドになると、海外で受ける為にポップスやジャズを
取り入れポピュラー化していく傾向がありますが、
取り入れるほどキューバ独特のグルーヴは失われていくのです。

同じフレーズをずっと繰り返していくうちに、
なんともいえない心地よさが生まれてくる、
そんなサウンドがキューバ音楽の真髄の一つ。
その快楽がぎゅっと詰まっていたのは 2000 年くらいまで。

キューバ国内でポップスやレゲトンが流行りだしてから
それらは急速に失われていきました。
ポップスもレゲトンもキューバで生まれた
キューバの音楽ではないからです。

マイケル・ブランコ率いる Salsa Mayor は、
2000 年以降にデビューした若手バンドですが、
キューバ音楽が本来持っている独特なグルーヴを
大量に感じることのできる稀有な存在。
今回紹介するライブ CD 盤はその怒涛の音が詰まっています。

ティンバはキューバ人が自らの方法論で解釈した
ファンクなのだと仮定すれば、
その答えはこのライブ盤に顕著に現れています。
それは決してポピュラーにはなりえない、エスニックなもの。
そういうコンセプトを自覚して進んでいれば
ティンバは今日のように衰退せずに、
更に進化し濃く深い世界に突入していったことでしょう。

マイケル・ブランコは、ホセ・ルイス・コルテスの再来と
言われる若手のホープ。
ティンバレスとピアノの奏者で作曲からアレンジまでをこなす
腕を持ち、バンド・リーダーとしての人望も持ちえています。
彼の創り出すリズム・セクションと
メロディを掌握したサウンドは、
レベ、バンバン、プーピなどが持つグルーヴと同じものを
既に完成させています。
スタイルがバンバンに似すぎている点を除けば、
頼もしい限りの演奏です。

1995 年から 2000 年の間には老舗バンドから
様々なバンドが独立し、才能ある若手が数多く登場し、
シーンは爆発的に活性化していましたが、
2000 以降ぱったり途絶えてしまい、
このマイケル・ブランコやアライン・ダニエルなど
数名のみが気を吐いている状態。
いつまでも、バンバン、マノリート、チャランガ、
バンボレオでは、未来がありません。

このマイケル・ブランコに課せられている使命は
このバンド・グルーヴを失わずに、
新たなスタイルのキューバン・サルサ、ティンバを生み出す
ことなのです。

(福田カズノブ ★ 2007/11/20)


Add A Comment