Event

12月のDJインフォメーション

1589012月のDJ Fukudaのスケジュールです。 毎回、新曲良曲とりまぜてセットリストは 変わりますので、続けて全部来ても新鮮な感動を 味わえます! 12/5    Tropi Azabu  DJ 21:00 12/12  Tropi Azabu  DJ 21:00 12/19  Tr..

11月のDJインフォメーション

1578111/14(水) Tropi 21:00-23:30 DJ 11/17(土) Tropi 20:00-23:30 DJ Cuban y Dominican Event 「Eta Vaina e Caribeña (こいつがカリブだぜ) 」 11/21(水) Tropi 21:00-2..

10月までのスケジュール

15573  基本的に 毎水曜日は麻布よりの六本木 トロピにて Dj FUKUDA がレッスン後の DJをやっています。 キューバン系のレッスンを受けたくて そのあとフリーで踊りたい方にはお薦め。 ···   https://ww..

夏至祭の果て/皆川博子

夏至祭の果て

日本人がキリスト教を知り
求道してゆくときに
生じる問題を物語にきちんと
落とし込んだ魅力的な小説でした。

史実を知るという面もありつつ
皆川博子らしい、デシプリーヌの
場面もたまらない。

この作品は、1976年の
下半期直木賞候補に
なりながらもほとんど選評で
触れられることもなく
当然受賞もしなかった、という
作品だったということです。

当時の選考委員の
愚かさを指摘する人も
多いようですが、現在だって
有名文学賞の受賞作品に
まったく賛同できないことが
多いので、いまも昔も
かわらないのだなあ、と
いうところでしょうか。

同じ候補作には
宮尾登美子の「陽暉楼」も。

どちらも優れた作品をたくさん
うみだすことになる女性作家。

女性に
厳しい時代だったのでしょうか?

宮尾登美子、皆川博子の
W受賞でも良かったのに、と
今のわたくしは思います。

 

DJ KAZURU


Add A Comment