Event

DJ KAZURU の令和元年年内予定

17243 令和元年年内にDJ予定はありません その代わり 長唄のお浚い会に出演します! トップの画像は前回のものですが 今回師匠が主催する10回目の 節目演奏会なので、大きめ会場。 入場無料 どなたでも来ていただけます。 清澄白河の、深川江戸資料館 小劇場にて ..

TIMBA CLUB 9/15 2019

17030 とりあえずティンバ好きは集まるといいよ! このイベントたまーにしかやりません。 SHIGE先生の音楽に密接した遊び心あるレッスン! キレッキレのDJ! 楽しめるよー。 地図はこちら ..

DJ KAZURU の予定

16671 2019 9 15 sun 六本木トロピですこーしだけ DJ します ········ *timba club の中で少しだけDJ KAZURUの 時間があるということです 登場は21時から23時の間のどこか 2019 11..

「もう少し浄瑠璃を読もう」
橋本治 著 拝読。

「浄瑠璃を読もう」の続編です。


単行本化する前に、著者は
亡くなってしまいましたが···

私は文楽が好きで
劇場に通いますが、そこは
江戸期に成立したものなので
理解しがたい部分も多いのです。

それは「難解」ということではなく
「そんなんありですか?」という
常識の違いによる部分が
大きいと思ってますが
このズレについて橋本氏は
解説してくれます。

私はこの方の本を読むことで
だいぶ
文楽の楽しみ方が深まったと
思っています。

「摂州合邦辻」という演目は
説教節の「しんとく丸」を
下敷きにしたものですが
ここで肝になる
「若き継母が息子に寄せる
恋心」については
「大義のために恋心を
装っただけ」なる説と
「本当に継子にとち狂った」説が
あるわけです。

橋本氏はしっかり
「これが本気でないはずはない」
と言っています。

···

「人というものは、どんどん
その狂気じみた恋の中に入っていきます
恋というものには、そういう
血腥い一面もあるのだから
仕方ないと言えば仕方がありません」

「玉手御前の恋に否定的には
なれないから、『嫉妬の乱行』と
言いはしても、そこに作者は
『怒眼元は薄紅梅』という
美を添えるのでしょう」

「地獄があって極楽があり
極楽はまだ花が咲きません
恋を否定はしないけれど
それは極楽ではない
地獄に近い血腥いものだと言っていて
『でも救ってやりたい』とは
言っているのかもしれません」

DJ KAZURU


Add A Comment