Event

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

カウントダウン

17460 TIMCUBAカウントダウンありません が、12/31 麻布トロピにDJ KAZURU ちょっとだけ 遊びにいきます 21時から日付変わるあたりまでいる予定! ..

応援してるシェフが独立ってことで
芝公園のイタリア料理、樋渡へ。

変わった名前を付けたな、と
思ったら実家の屋号だって。

松島屋、とか
成駒屋、みたいでかっちょええです。

これまではアラカルトでしか
食べてなかったのですが
一万円のコース食べてきましたよ。

オープニングパーティーのときは
よくわからなかったけど
シンプルモダンな内装も良いです。

秋のトリュフがかかった
きくいものペースト
季節感たっぷりの前菜。

エミリアロマーニャの泡と。

海鮮づくしは
一週間寝かせたさわらをはじめ
鮑、バジルイカ、牡蠣など
たーっぷり。

ひとつひとつ
仕事の効いてるものばかりなので
飽きません。

ワインが進みます。

白子、焼き目も美味しい。
こういうの
大好きです。

リゾットは浅利と蕪で
シンプルに。

フォアグラのラビオリは
うづらのコンフィ添え。
卵を使ってないので
水餃子のような食感。

うづらも実に美味しい
贅沢な味わいの一皿です。

鯛のスープは
海老やら貝類やらのさ複雑な
要素が絶妙なバランスで
仕立て上がってました。

ソースに使ったものと
同じサンジョベーゼでいただきます。

合わないわけないよね。

ガンジー牛の腕部分。
シンプルだけど火入れがよくて
赤身だけどこっくりした
味わいも。

栗のドルチェ。

食後酒もいただきました。

私の胃袋的には
マックス!

全体に秋の香り漂う
すてきなコースでした。

わたくしが彼の料理を良いと思うのは
自分の舌にあうってこともありますが
見た目を飾ることに重きをおかない
ってこと。

料理の盛り付けに
つまらない飾り立てをすることは
まったく必要がありません。

きっちり皿を料理の
温度に応じて温めるなり
冷やすなりすることがよほど大事。

美意識は大切ですけど
「映え」を意識して
コントラストをつけるために
要りもしない赤みやグリーンを
乗せる必要もなしです。

彼には今の方向性で
さらに美味しいものを作っていって
ほしいですね。

スーシェフも頼もしそうな方でした。

ごちそうさま。

DJ KAZURU


Add A Comment