Event

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

カウントダウン

17460 TIMCUBAカウントダウンありません が、12/31 麻布トロピにDJ KAZURU ちょっとだけ 遊びにいきます 21時から日付変わるあたりまでいる予定! ..

第1位はManolito y su Trabuco「La Vida Cambio」

3年前からあった楽曲群ですが、なかなかリリースされず。
されても手に入りにくかったマノリートの新譜ですが、
昨年ようやくCD発売になりました。
フロントをアマライ以外チェンジしたトラブーコ。
これが大正解となっています。
それはボーカルだけでなく、素晴らしい楽曲もかけること。
アマライがマノリートの重要なメロディ・メーカーなのは
あまり知られていませんが、新加入の2人も
良いライターなのです。
マノリート史上、2回目となる黄金期到来といえます。
粒ぞろいの曲、安定したバックサウンドにピアノリフ
とコロが畳みかけるように盛り上がっていく曲調は
まさにキューバン・サルサの醍醐味。
大傑作盤の登場です。

第2位はErito Reve y su Charangon「Uea!」

2019年のベストライブは何といってもレべ。
はるか昔、札幌の梶原さん招聘で旧スダーダの
ビルの地下で行われたレべのライブは強烈で、
キューバ音楽のエネルギーの凄まじさを感じた
ものでしたが、今回はその時を思い出すような
素晴らしいライブでした。
息子Erito Reveは突然引き継いだバンドを
ようやく父のいたときのバンドに肩を並べるまでに
育て上げました。
そのライブを日本で観れたことは幸せです。
新作はその勢いをパッケージしたかのような内容。
まさに快作といえるでしょう。

第3位は、Issac Delgado「Lluvia y Fuego」

イサックが、サルサとティンバとヌエバトローバを
行ったり来たりして音楽を創ってきたことが、
この作品でようやくひとつになったかのようです。
イサックはまず、米国のRMMと契約して
リリースで世界に。そして、その後北米に亡命しましたが、
またキューバに戻れて、自分のオルケスタを結成できたことは
ファンとしては素直に 喜びたいところ。
「キューバ音楽は世界情勢そのものであり、
また個人の人生なのだ」と感じさせるものが
イッサクの音楽の中にあります。

(2020.01.13 福田カズノブ)


Add A Comment