Event

イヴェント休業中

18644 https://youtu.be/BELIZJu0ruM 2021年現在timcubaのイヴェント休業中です。 2014年の過去動画ですが 六本木で思いきりダンスと音楽を味わえた時代の 映像ご覧ください。 by DJ KAZURU ..

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

吉田簑助という生き方

「花舞台へ帰ってきた」
吉田簑助と山川静夫 著、拝読。

文楽を集中して見るようになってから
この人は格が違うな、と
思って見てた人形遣いが簑助です。

人形の動きにしっかりと
魂が入っており、苦悶の場面では
見えるはずのない人形の眉間のシワまで
見えたほどです。
彼の遣う「女」には深い魅力がある。

先日87才で引退しましたが
号泣する弟子簑二郎に支えられ
挨拶する姿は、彼自身がもはや
人形になってしまったようでした。

7才から黒衣に身を包み
文楽一筋の人間国宝。

今月の文楽パンフレットで
松岡正剛がまあ素晴らしい文章で
簑助を語っていますが、この本が
必読ということで読みました。

65才で脳出血、言葉も体も
不自由になった簑助と
同時期に脳、心臓、腸と病を重ねた
山川アナとの手紙のやり取りを通じて
文楽の歴史、楽しさがわかります。

山川アナは学生の頃から歌舞伎好き
NHK大阪に配属されてからは
文楽にのめり込み、愛をもって
伝統芸能に伴走されている人ですので
山川サイドのエピソードももちろん
面白いですが、やはりここは
簑助にフォーカスして読んでしまいました。

文楽の分裂時代、親子で別団体に
所属することになった煩悶。
良い役がついたことで恨みをかって
人形の背骨に当たる胴串を折られた
悲しい思い出。
動かぬ体を必死に鍛え
復帰を目指した療養中のこと。
81年の文楽人生には本当に苦労が
絶えなかったし、それでも
一途な気持ちがぶれること無かったのです。

簑助さんは

「嬉しかったことはありますが
楽しかったことはありません」

と言ったそうですが、松岡正剛は

「この心情を
日本は浮世の定めのように
受け取れるようにしなくては、
まずいのだ」

と言っており

「二十年ほど前からだろうか
その文楽が何を精進し、何を
新たな浮世として表明しつづけようと
してきたのか、
日本人が理解できなくなっていることに
愕然とするようになった」

とも言っています。

簑助のような文楽の担い手も
山川アナのように舞台を楽しむ人も
本当に少なくなっているのですよね。

わたくしは見巧者とはとても
言えませんが、文楽の愉しさを
知ることができて良かったです。

日本人と生まれていながら
見過ごしている人を残念に思います。

DJ KAZURU


Add A Comment