Event

お知らせ★日本の科学者10月号

14313 日本の科学者10月号(本の泉社)   福田カズノブが 「商業主義からもっとも遠い ところに存在するキューバ音楽 〜その魅力の秘密はどこにあるのか」   というタイトルで執筆しています! けっこう長文ですよ。   ..

キューバ音楽の集い

13843 キューバ友好協会で こんなイベントやります!   キューバ音楽の魅力と ダンスパーティーに モヒートもついちゃう   お得企画です。  ..

いましばらくお待ちくださいませ

13527 ただいま準備中♪ 「キューバに端を発した 混紡ラテン音楽の世界」 いましばらく お待ちくださいませ!!    ..

PAULO FG / ABRE QUE VOY

images

1. Abre Que Voy
2. Dale Play
3. La Matadora
4. Por Su Culpa
5. El Papi Happy
6. De Amores
7. La Culpa Es de Cupido
8. Yo Soy La Timba
9. Lo Mejor de Mi Vida
10. A La Lokera
11. De Amores (Balada)

パウロの2014年のアルバム。

2010年代中頃のティンバは明らかに幾つかの
方向に分かれて進化を続けています。

新しい動きではMaykel BlancoやAlexsander Abreuの
活躍ですが、
Charanga Habaneraがレゲトンの流れに埋没して
そのものに寄ったスタイルになったのに対し、
Paulo FGは、クバトンのソリッドな音作りを
王道のティンバの中に昇華することに成功した
稀有な例になっています。

この作品はそんな楽曲が中心となっていて、
Paulo の新作という枠を超えて、
ティンバの一つの進化形を示した内容。

8曲目などは、まさに今日的なティンバ。
もうベテランといっていいPauloですが、
新人バンドといった勢いが感じられます。

アルバムの中で目立つのはLuis Enriqueとの1曲。
この作品は、音楽的に相思相愛なコラボと
いえる内容でロマンティックなメロディのなかにも
高揚感のあるPaulo とLuis Enriqueの
ボーカルの共通点がよく表現された名曲。
Luis Enrique側のリリースが先行し
Salsaフィールドでもヒットしました。

日本には2015年になっても
CD発売のない本作ですが、
新たなティンバスタイルを確立したアルバムとして、
そしてPaulo FGのキャリアの分岐点となる
代表作の1つとして位置づけられるでしょう。

(福田カズノブ★2015/12/13)


Add A Comment