Event

2019年2月のDJスケジュール

16206 1月は新曲満載でしたが、その傾向は2月もです。かける曲に迷うくらい。昨年のヘビーローテーション曲はすっかりお蔵入り状態です。さて今月のDJスケジュールは以下の通り。お時間あるときはぜひ!2/13(水)Tropi2/20(水)Tropi2/23(土)Sudada2/27(水)Tropi ..

2019年1月のDJインフォメーション

16094 実は昨年半ばからDJの出来が安定してきて調子が良いのです。理由はいくつかあって、まず機材を更新してそれが軌道に乗ったこと。音は明らかに一桁良くなっています。また、曲のリサーチも物凄く効率的になりました。そしてなによりも、音楽そのものを集中して楽しめるようになったこと。DJ歴は20年になりますが、歴..

12月のDJインフォメーション

1589012月のDJ Fukudaのスケジュールです。毎回、新曲良曲とりまぜてセットリストは常に変わりますので、続けて毎回来ても新鮮な感動を味わえます! 12/5    Tropi Azabu  DJ 21:0012/12  Tropi Azabu  DJ 21:0012/19  Tropi Azabu  ..

PAULO FG / ABRE QUE VOY

images

1. Abre Que Voy
2. Dale Play
3. La Matadora
4. Por Su Culpa
5. El Papi Happy
6. De Amores
7. La Culpa Es de Cupido
8. Yo Soy La Timba
9. Lo Mejor de Mi Vida
10. A La Lokera
11. De Amores (Balada)

パウロの2014年のアルバム。

2010年代中頃のティンバは明らかに幾つかの
方向に分かれて進化を続けています。

新しい動きではMaykel BlancoやAlexsander Abreuの
活躍ですが、
Charanga Habaneraがレゲトンの流れに埋没して
そのものに寄ったスタイルになったのに対し、
Paulo FGは、クバトンのソリッドな音作りを
王道のティンバの中に昇華することに成功した
稀有な例になっています。

この作品はそんな楽曲が中心となっていて、
Paulo の新作という枠を超えて、
ティンバの一つの進化形を示した内容。

8曲目などは、まさに今日的なティンバ。
もうベテランといっていいPauloですが、
新人バンドといった勢いが感じられます。

アルバムの中で目立つのはLuis Enriqueとの1曲。
この作品は、音楽的に相思相愛なコラボと
いえる内容でロマンティックなメロディのなかにも
高揚感のあるPaulo とLuis Enriqueの
ボーカルの共通点がよく表現された名曲。
Luis Enrique側のリリースが先行し
Salsaフィールドでもヒットしました。

日本には2015年になっても
CD発売のない本作ですが、
新たなティンバスタイルを確立したアルバムとして、
そしてPaulo FGのキャリアの分岐点となる
代表作の1つとして位置づけられるでしょう。

(福田カズノブ★2015/12/13)


Add A Comment