Event

イヴェント休業中

18644 https://youtu.be/BELIZJu0ruM 2021年現在timcubaのイヴェント休業中です。 2014年の過去動画ですが 六本木で思いきりダンスと音楽を味わえた時代の 映像ご覧ください。 by DJ KAZURU ..

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

Alexander Abreu Y Havana D’ Primeraは、コロナでライブの出来なくなったティンバ界を憂い、ティンバ・クラシックスを自らのバンドでカバーした全20曲のアルバムを発表しました。曲名だけですと、原曲はどのバンドのものか分からないと思いますので、オリジナルのバンド名を記載しながらそれぞれコメントをつけてみました。ライナーノーツ代わりにしてもらえると嬉しいです。

  • 「Echale Limon」 NG La Banda中期のヒット曲。アブレウがホセ・ルイス・コルテスの歌い方を真似していて、来日していた頃のNGを彷彿させます。
  • 「Fiebre de Amor」 Charanga Habanera初期のヒット曲。実はクリマックスのピロートの作品です。チャランガ・アバネーラの人気が爆発する直前のナンバーです。
  • 「Mas Rollo Que Pelicula」 Orquesta Reveの曲。こうして聴いてみると落ち着いた良い曲です。さびの部分になってレべの曲だとわかる展開です。
  • 「El Que Este Que Tumbe」 Manolin el Medico de la Salsaの曲。あらためて聴いてみると、ハバナ・デ・プリメーラのコロはメディコに非常に近く、アブレウは自身のバンドの参考にしたと思われるほどです。全体的にもメディコとハバナ・デ・プリメーラのサウンドは親和性が高く、このナンバーはとても良い出来になっています。
  • 「Tu No Me Calculas」 PaulitoのOpus15時代の名曲。アブレウはパウロのバンドにも深くかかわっていましたので、この曲にも思い入れがあるのでしょう。声がパウロとは異なるので違う味わいの曲に仕上がっています。
  • 「El Aguila」 Manolito y su Trabuco初期のヒット曲。マノリートとは現在のティンバシーンではライバル同士なのでここでは初期のクラシックスを取り上げています。
  • 「Nube Pasajera」 Charanga Habanera演奏、ミッチェル・マサのボーカル、リモンタ作曲のティンバ最高の1曲。最近リモンタがリーダーのアスーカル・ネグラがカバーしましたが、その演奏に近い解釈です。
  • 「Mi Romantica」 Issac Delgadoの名盤Primera Noche収録の曲。ティンクーバでもよくかけた名曲。アブレウのボーカル、ハバナ・デ・プリメーラのコロ、ベースなどピッタリの出来になっています。
  • 「Llevala a Tu Vacilon」 Los VanVanの名盤Cabeza Mala収録の1曲。原曲はマジートが歌っていますが、アブレウはロベルトンに声が近いので、原曲に引けを取らない出来に仕上がっています。
  • 「Por Romper el Coco」 Irakereのサンテリアをモチーフにティンバ化したアルバムからの1曲。リズム・セクションが聴きどころ。
  • 「Aventura Loca」 Manolin el Medico de la Salsaの曲。原曲に忠実でありながら、ハバナ・デ・プリメーラのバージョンのほうが圧倒的に良い演奏になっています。まさに命がまた吹き込まれよみがえった名曲です。マノリンのキューバ時代の曲はもっと評価されて良いことがこの演奏でわかります。このアルバムのハイライト曲といってよいでしょう。
  • 「Pura Imagen」 Adalberto Alvarezの曲。ポピュラー寄りのメロディを強調したアレンジになっていて、原曲とは違う仕上がりになっています。
  • 「No Te Lo Creas」 Sekoの曲。原曲はメロディの少ないラップですが、アブレウはメロディを加えたラップにしています。同じ曲かどうかもわからない感じですが、ハバナ・デ・プリメーラの新曲として聴いても違和感がありません。
  • 「Lo Que Siento Es Leloley」 NG La Bandaにイサック、クリマックスのピロートが在籍していた頃のアルバム収録曲。30年たっても色あせない名曲です。紹介者としてのアブレウのセンスが光ります。
  • 「Mi Salsa」 ご存知Orquesta Reveの最大のヒット曲。
  • 「El Baile del Buey Cansao」 Los VanVanの曲。スピード、アレンジ共にほぼ忠実に原曲を再現しています。
  • 「Mamaita No Quiere」 Adalberto Alvarezの名曲。この曲はこれからもいろいろなアーティストによって歌い継がれていくでしょう。
  • 「Boliviana」 Irakereにホセ・ルイス・コルテスが在籍していた頃の隠れたナンバー。アブレウは古いアルバムからもティンバ・クラシックスとして紹介しています。
  • 「Sera Que Se Acabo」 Los VanVanの曲。バンバンにしてはポピュラー寄りのメロディ。このアルバムのタイトルソングです。

福田カズノブ(2021.9.19)


Add A Comment