Event

2023イヴェント休業中、各コラム更新中《TIMCUBA動画有》

18644 2023年現在timcubaのイヴェント休業中です。 コラムは随時更新していますので 各メニューを選択してくださいませ。 https://youtu.be/BELIZJu0ruM 2014年の過去動画ですが 六本木で思いきりダンスと音楽を味..

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

Uncategorized

アパシー 千穐楽

1/31 中野サンプラザ岡村靖幸 アパシーツアー最終日 20-38。 まずはゲストにコーネリアス小山田圭吾が来てギターを弾いたことです。 「成功と挫折」という岡村靖幸と小山田圭吾を象徴するようなタイトルのこの曲は2020年発売のアルバムの一曲めに収録されており小..

アパシー、2回目

1/30 岡村靖幸アパシー2回目7-27。 ちょうどセンターでいい席。 自分はファンク好きなのでどうしてもバッキバキのファンクアレンジが施された「成功と挫折」「家庭教師」「愛の才能」のような曲を待ってしまうのだけどではなぜ岡村靖幸は可愛らしいポップソングを歌い続けるので..

タイトルって重要

寒い日はこっくりとしたチョコレートケーキなんか良いですね。 漬け込みチェリーがチョコレートと相性抜群でした。 ・・・ 「音楽学への招待」沼野雄司 著、拝読。 様々な切り口で音楽を語る沼野雄司氏。 サントリーホールは青木涼子のコンサートで簡単な講演を聞い..

文楽の家

「文楽の家」九代目竹本源太夫、二代目鶴澤藤蔵 著、拝読。 平成23年の親子襲名のときに出された本ですね。 文楽はそもそも世襲制ではないのですが子供も同じ道へと言うことはままあります。でも親が太夫で息子が三味線というパターンも幾つかあるのですね。 この本が出た頃は不..

悲劇役者 中村吉右衛門

「完本 中村吉右衛門」小玉祥子 著、拝読。 実際に見た「日向嶋」や「俊寛」「松浦の太鼓」に「伊賀越道中双六」。映像で見た「盛綱陣屋」や「楼門五三桐」などにまつわる記述を読めば過去の舞台の景色が蘇ります。 いい芝居を吉右衛門さんにはたくさん見せて貰いました。 吉右衛..

冬日可愛

「人生の滋味、池波正太郎かく語りき」池波正太郎 著、拝読。 週刊誌やタウン誌などに載った雑記に近いようなものを集めた池波正太郎の言葉ですが聞き書きと思われるものが多く選ばれていてちょっと残念。 多分、池波正太郎から男の生き様みたいなものを学ぼうというコンセプトで作られた..

遠山桜天保日記

ようやく初春の国立劇場で芝居を見れました。 今年は初日に行く予定が急遽友人にチケットを譲ることになってしまい出遅れました。 いつもの菊五郎劇団、明快で楽しい芝居でした。劇場もいつもより豪華なしつらいで、心が華やぎます。 菊五郎さんは足の調子..

I made it through the wilderness

「盛り場で生きる」フリート横田 著、拝読。 歓楽街と呼ばれる土地の人達。上野でひっそり客を待つ男娼、いつの間にか舞台に立たされていたストリッパー、マドンナのライク・ア・ヴァージンを陽気に歌うフィリピンパブの女性、韓国クラブ経営者、などなどを生業としてきた人たちの聞き取り。 ..

上品會の秘密展

高島屋の呉服イヴェント上品會へ。 昭和28年に復活した呉服の見本市なのですがレベルの高さに圧倒されます。 三越などに比べて高島屋は「ウルトラモダン」好みなのだそう。 大きく大胆な柄にうっとりします。また当時の顧客に配られたカタログのデザインも凝っていて最近..

ル・パスタン

池波正太郎のエッセイと自身による挿絵がついた素敵な一冊「ル・パスタン」拝読。 80年代後半の連載を纏めたものなので最晩年のエッセイですね。タイトルは「暇つぶし」みたいな意味だそうです。 鑑賞した芝居や映画の感想にパリの旅行記、食べ物にまつわるあれこれが素敵なスケッチ画とともに楽..