Event

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

カウントダウン

17460 TIMCUBAカウントダウンありません が、12/31 麻布トロピにDJ KAZURU ちょっとだけ 遊びにいきます 21時から日付変わるあたりまでいる予定! ..

dj kazuru

日本の戦争映画

「日本の戦争映画」春日太一 著、拝読。 春日太一氏は日本の古い映画に非常に精通していて1977年生まれということを忘れそうです。 これまでも五社監督の本などいくつか拝読しましたが今回は「戦争映画」。 わたくしは戦争映画けっこう見ている方だと思っていたのですがいやー、知らな..

老体でがんばってます

盛夏の麻着物にアバンギャルドな半幅帯。 ··· こんな半年間は今までなかった、と精力的に活動されてた方々こそ仰るわけですがわたくしのように、長唄の稽古を淡々とやってるだけの人間にはその前の半年もその前の前の半年もあまり変わらないのかも知れません。 さて、何年稽古しても美し..

歌も!曲も!踊りも!

NHKのSONGSで岡村靖幸やってて、おお日本にはこの素晴らしいアーティストがいたじゃんねえ、と思い出したのです。 50歳代になっても毒気のある音楽とキレッキレのダンスを進化させていてびっくりしました。 聴いてるだけでは解りきれない魅力なので「動いてる岡村ちゃんを見ていたい」っ..

あらくれ

徳田秋声 著「あらくれ」拝読。 徳田秋声って読んだことなかった···なぜ今まで未読だったのかというくらい気に入りました。 大正4年初出の小説ですが日露戦争の足音を感じるくらいの時代が背景です。 実の親になぜかうとまれ養子にだされたところから主人公「お島」の人生はうまくゆか..

観劇

今年に入って一月二月と錣太夫の襲名を兼ねた文楽公演があり、何度か足を運びました。 二月の歌舞伎座は、13世片岡仁左衛門の追善公演があり新橋演舞場でも新派の芝居を楽しみました。 以来劇場という場所に行っていませんが歌舞伎座は八月大歌舞伎をやるということになりました。 対策は..

夏芙蓉、金色の小鳥

中上健次「奇蹟」拝読。 学生の時に読んで以来の再読だと思います。 「路地」というのは被差別部落を示していますがそこに「荒くれ」、つまりは極道者の男たちがおり、濃い血縁ゆえに運命が彩られているとでもいうように早死にする一統の物語です。 むせかえるような夏芙蓉の香り飴芋の煮詰..

伝奇文学

皆川博子 著「妖櫻記」拝読。 南北朝の争いにからめて女の情念を描いた時代物。 生傀儡、異形の猿楽師、戦闘集団、血統争い、と色々な要素がうごめくなかやはり女の執念がテーマとして大きく浮かび上がってきます。 懐妊した妾への嫉妬から拉致し殺害する冒頭部分から霊にとらわれ若い身空..

意義の消失

東銀座の名店「リール」が8月いっぱいで閉店になります。 思えばここのシェフとサーヴィスが銀座ミキモトのサロンにいたときからのお付き合いでした。 乳白色の真珠をモチーフにしたデセールに心つかまれ··· 東銀座で「リール」と名乗ってからは季節が変わるごとに目にも麗しい..

麻の葉には魔除けの意味が

しばらく縫ってなかったマスク。 2月の上旬から5月くらいまでの間130枚くらい縫いましたかね~ボランティアでお分けしてたけどもういいかな···と。 ところが「布マスク」派に転向した人が多いようで「ずっと使ってます」「毎日洗って使ってます」というお言葉が返ってくるようになったので..

夢の味を知っている人

皆川博子 長編推理コレクション3「知床岬殺人事件」「相馬野馬追い殺人事件」拝読。 「ノベルス」という体裁の軽い内容の小説が流行っていた時期に編集者から 「新幹線に乗っている間の時間潰し的な」 「読み終えたら中身を忘れるような内容で」 「皆川さんが書きたいというものは..