Event

お知らせ★日本の科学者10月号

14313 日本の科学者10月号(本の泉社)   福田カズノブが 「商業主義からもっとも遠い ところに存在するキューバ音楽 〜その魅力の秘密はどこにあるのか」   というタイトルで執筆しています! けっこう長文ですよ。   ..

キューバ音楽の集い

13843 キューバ友好協会で こんなイベントやります!   キューバ音楽の魅力と ダンスパーティーに モヒートもついちゃう   お得企画です。  ..

いましばらくお待ちくださいませ

13527 ただいま準備中♪ 「キューバに端を発した 混紡ラテン音楽の世界」 いましばらく お待ちくださいませ!!    ..

2012.08

SWEET WATER

小石川 「SWEET WATER」にてディナー。 イタリアンレストランで 英語の店名って 珍しいと思うのですが 甘露、みたいな意味でしょうか 美味しいお酒を飲むのが前提という。 こじんまりとした一軒家。 ワインは日本と イタリアが中心のセレクト。 料理はとても..(2012.08.30 By dj kazuru Posted in: dj kazuru)

FUSION LATINA VOL.1

8月のティンクーバにお越しいただいた皆さん ありがとうございました。 最近いろいろな会場でDJをしていますが、 イベントの充実度や盛り上がり、楽しさは必ずしも 集客人数に比例するものではないと感じています。 そんな中でティンクーバはどうでしょう。 中規模人数のイベントに属すると思われ..(2012.08.28 By dj fukuda Posted in: dj FUKUDA)

ぐるぐる回転

毎日直射日光をなるべく避けて ひっそりと夏を生きておりますが 洗濯物がざぶざぶ洗えて なおかつ じゃんじゃん乾いていくさまは 猛暑ならではのいとしさ。 ・・・ 8月の私のイヴェント日は お祭りがあったようで 浴衣に身を包んだ外人さんが 六本木にもわんさかと。 ..(2012.08.28 By dj kazuru Posted in: dj kazuru)

ゴットハルト鉄道

ラツィオの白は複雑なセパージュ。 そして「山の月」なるネーミングのアレッツォは トレッビアーノとシャルドネの混合タイプ。 引き続きイタリアワインを飲んでいます。 ・・・ 「ゴットハルト鉄道」 多和田葉子のこの小説は ずっと「積ん読」状態になっていたのですが ようや..(2012.08.26 By dj kazuru Posted in: dj kazuru)

TIM★CUBA 2012 9/22

出演:DJ KAZURU ,TCC Fukuda 日時:2012年9月22日(土) 20:30-24:00 料金:2000円1ドリンク付 会場:六本木コパカバーナ 港区六本木3-11-6 21泰明ビル 3階 03-5775-2555 「キューバに端を発した混紡ラテン音楽の世界..(2012.08.26 By dj kazuru Posted in: Event)

8/25 お見逃しなく

心よりお待ち申し上げます。 ・・・ 今月のフライヤーに 使用したのは ドルチェ・ヴィータという 名のイタリア菓子。 甘い人生、と 称している割には スパイシーさや酸味も ガツンと感じられるお菓子で DJもそんなふうに 色々な要素を盛り込んで 纏め上げられた..(2012.08.24 By dj kazuru Posted in: dj kazuru)

ビーチからティン★クーバへ

ヌエバプンタのビーチサルサに来てくださった方、 ありがとうございました。 1000人もの集客というとクラブイベントというより、 フジロックとかに近い感じがしました。 メインタイムのDJは日本人が僕だけという中、 後半1曲MIXトラックを珍しくかけましたが、 エルカフェのDJALECに「い..(2012.08.22 By dj fukuda Posted in: dj FUKUDA)

冬の旅

立原正秋 「冬の旅 」 拝読。 16歳から20歳の間に 二度 義兄を刺した罪により 少年院生活を 経験する少年の話。 というと、ロクデナシ系を想像しますが 最初は 義兄に強姦されかけている母を 助けようと揉みあううちに、 もう一度は 義父を刺した義兄と揉みあうう..(2012.08.22 By dj kazuru Posted in: dj kazuru)

バルにて

スペインでバル回遊した経験のある 友人と、神楽坂バル・マコ。 この店の雰囲気は バルそのものですが、料理は 現地の いわゆるバル料理というよりは 立派な料理の部類に入るみたいですね 確かにどれも いっぱい工夫があって、手が込んでいるというか 美味しさと驚きとが必ずお皿の..(2012.08.20 By dj kazuru Posted in: dj kazuru)

大学の中には修道院が

第147回芥川賞受賞者の 鹿島田真希さんて 私と同じカトリック系女子大の 卒業生なのだな。 津島祐子氏以来、あの大学から 作家は出ていなかったと思いますが ここへきて遂に! インタビューを拝読すると 同じ大学で過ごしながら だいぶ異なる学生生活だったと 思われます..(2012.08.18 By dj kazuru Posted in: dj kazuru)