Event

お知らせ★日本の科学者10月号

14313 日本の科学者10月号(本の泉社)   福田カズノブが 「商業主義からもっとも遠い ところに存在するキューバ音楽 〜その魅力の秘密はどこにあるのか」   というタイトルで執筆しています! けっこう長文ですよ。   ..

キューバ音楽の集い

13843 キューバ友好協会で こんなイベントやります!   キューバ音楽の魅力と ダンスパーティーに モヒートもついちゃう   お得企画です。  ..

いましばらくお待ちくださいませ

13527 ただいま準備中♪ 「キューバに端を発した 混紡ラテン音楽の世界」 いましばらく お待ちくださいませ!!    ..

LOS VAN VAN / LA FANTASIA

2014 EGREM CD1272

Los-Van-Van-La-Fantasia-2014-300x268

1. SOY ANEJO
2. SOMOS DIFERENTES
3. ME BASTA CON PENSAR
4. SOY LA MUJER QUE QUIERO SER
5. TODO SE ACABO
6. SE VENDE
7. BOTALO Y GUARDALO
8. LA MODA
9. LA FANTASIA
10. ES MUCHO
11. EL APARECIDO
12. NO ME DIGAS HELLO
13. VOY A DECIRTE COSAS
14. SOY VAN VAN

Los Van Van のリーダー、ファン・フォルメルの追悼盤。
この半世紀近くに及ぶLos Van Van の活躍、業績は
ここで取り上げるまでもないもの。

このまさに国民的バンドの創設者にしてリーダー、
そして稀有なソングライターだったファン・フォルメルの
他界は、今後どういう形でLos Van Van に影響するのか。
世界のキューバ音楽ファンの関心事になっている中での
リリースとなりました。

今作は追悼盤ということもあって落ち着いたナンバーが
多く、全体に重厚な内容。
演奏、アレンジは既にファン・フォルメル抜きでライブを
こなしているので確立していますが、ポイントはやはり
作曲者ということになります。

今作全14曲中、Juan Formellが5曲。2曲提供が、
Samuel Formell、Roberton、Jorge Leliebre。そして1曲提供が、
Mandy、Juan Carlos Formell、Juan Ballestero。

このラインナップからすると、Juan Formellの曲が中心
なのは変わってないので、次作が新バンバンの
最初のアルバムといえるでしょう。
前作が一休み的、今作が追悼盤的なので
次作は「Chapeando」「Arrasando」に並ぶ
傑作アルバムを期待してしまいます。

PS:
タイトルソングLa Fantasiaはキューバ音楽と共に生きた
ファン・フォルメルのペンによる美しい最後の作品。
終わりのようなまた第1作につながって始まるかのような
感じのする この曲は、アルバムのラストに持っていくべき
とも感じましたが
Los Van Van はこれからも進んでいくんだというメッセージを
込めて途中にしたのかもしれません。

以下の写真は、ファン・フォルメルの若き頃の名盤(1974)の
ジャケット。

Los Van Van 1974

(福田カズノブ/2015.12.23)


Add A Comment