Event

DJ KAZURU の令和元年年内予定

17243 令和元年年内にDJ予定はありません その代わり 長唄のお浚い会に出演します! トップの画像は前回のものですが 今回師匠が主催する10回目の 節目演奏会なので、大きめ会場。 入場無料 どなたでも来ていただけます。 清澄白河の、深川江戸資料館 小劇場にて ..

TIMBA CLUB 9/15 2019

17030 とりあえずティンバ好きは集まるといいよ! このイベントたまーにしかやりません。 SHIGE先生の音楽に密接した遊び心あるレッスン! キレッキレのDJ! 楽しめるよー。 地図はこちら ..

DJ KAZURU の予定

16671 2019 9 15 sun 六本木トロピですこーしだけ DJ します ········ *timba club の中で少しだけDJ KAZURUの 時間があるということです 登場は21時から23時の間のどこか 2019 11..

平野啓一郎著

「カッコいい」とは何か 拝読。

冒頭いきなり
カッコいい、という言葉が
使われるようになったのは
1960年代、とあって
えっ、
恰好いいとか
格好いいって昔からあるではないか、と
びっくりしたのですが、
「恰好いい」は
江戸時代からうまれた概念で
あくまで
「あたかもよし」
「うってつけの」
「あるものとあるものが
うまく調和する」
「全体的な見映え、様子」
という意味で使われていた、つまり
日常にある外見的なものであり
「カッコいい」とは違うとされれば
なるほど、なんであります。

それに対して現在の
「カッコいい」は
「シビレル」「クール」という
非日常の精神に対して
称賛されること、となれば
これまた納得。

著者は
マイルスデイヴィス、
ヒップとは何か、
ナチスの制服、
三島由紀夫、
「いきの構造」、
ファッションモード、
エレキギター、
ダンディ、など
あらゆる事象から
「カッコいい」を考察。

私たちは基本的に
多かれ少なかれ
カッコ悪いことを避け
「カッコいい」を求めて
生きているわけですが
その欲望が発生するしくみを
丁寧に解説してくれました。

DJ KAZURU


Add A Comment