Event

イヴェント休業中

18644 https://youtu.be/BELIZJu0ruM 2021年現在timcubaのイヴェント休業中です。 2014年の過去動画ですが 六本木で思いきりダンスと音楽を味わえた時代の 映像ご覧ください。 by DJ KAZURU ..

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

2021.08

QJKJQ

佐藤究 著「QJKJQ」拝読。 第62回江戸川乱歩賞受賞作品。 「サージウスの死神」が気に入ったのでこちらも購入。よりエンタメ色が濃くなったのか? という感じはありますがやはり面白かった。 殺人の方法ではなくて殺人を犯す人間について科学的にを研究する国家事業があったら・・..(2021.08.31 By dj kazuru Posted in: dj kazuru, Uncategorized)

Alexander Abreu が憂うキューバ音楽

久しぶりの投稿になります。私は元気です。 感染予防を優先し、DJも自粛していましたが、 コロナ・パンデミックがこれほど長く世界に影響を 与え続けるとは思いもよりませんでした。 キューバも例外ではなく、大きな打撃を受けています。 経済的には、外貨収入の柱..(2021.08.29 By dj fukuda Posted in: dj FUKUDA, Uncategorized)

白昼鬼語、大谷崎ミステリー

谷崎潤一郎って明治の末から昭和初期にかけて、ミステリーをいっぱい書いているのですね。 「白昼鬼語」この短編集を読んでその面白さにびっくりしています。 編者解説にある通り、まるで乱歩のような感じです。 年代的にも、谷崎が先行で乱歩のほうが影響を受けているとい..(2021.08.29 By dj kazuru Posted in: dj kazuru, Uncategorized)

夜叉ヶ池

映画「夜叉ヶ池」がデジタルリマスターしての発売となりました。 昭和54年公開当時の半村良氏のコメントに「篠田正治監督によるSF」とありますが、そのとおり。 坂東玉三郎は普通の女性の姿でも登場しますが白塗りになったときのほうがずっと美しい。歌舞伎の舞台で見慣れた、..(2021.08.29 By dj kazuru Posted in: dj kazuru, Uncategorized)

佳き思い出が

先日のサントリーホールへは薊の着物に黒の夏帯で。 クラシックのコンサートでも着物率は低いです、1000人に一人か二人。 そして現代音楽だったりするとコンサバなファッション自体が少数派でそのカジュアル度合いに驚きます。 昔、公演のあとに向かいのビルに移動してルマエス..(2021.08.27 By dj kazuru Posted in: dj kazuru, Uncategorized)

三流のすすめ

「三流のすすめ」安田登 著、拝読。 能のワキ方の人なのに過去にはゲーム攻略本や風水の本でヒットを出したという著者。 一流とはひとつのことの専門家二流とはふたつのことの専門家三流とは「いろいろなことをする人」というのがそもそもの意味だそうで、例えば国家の経営ができる人は三流の人な..(2021.08.25 By dj kazuru Posted in: dj kazuru, Uncategorized)

二人静

サントリーホールにて青木涼子の能オペラ「二人静」とマーラー「大地の歌」。 このところ追いかけて聴いている青木涼子の演目「二人静」は小編成オーケストラにソプラノ歌手がつく編成。サントリーの大ホールデビューだそうで広く存在を知らしめることになるだろうなあと思います..(2021.08.23 By dj kazuru Posted in: dj kazuru, Uncategorized)

NAOMI

根津のポニアポンが谷崎潤一郎「痴人の愛」に出てくるナオミをイメージして作った浴衣「NAOMI」を愛用中。 檸檬の帯を合わせて長唄お稽古へ。 「鏡獅子」のお稽古がスタートしています。 鏡獅子といえば、平櫛田中のこの像が有名ですね。 国立劇場に常..(2021.08.19 By dj kazuru Posted in: dj kazuru, Uncategorized)

緑青忌/隠れ川

「赤江瀑アラベスク2 魔軍跳梁」拝読。 冒頭を飾る「花曝れ首」がまず傑作中の傑作なのですが今回は初めて読んだ京都ものの幾つかにぐっと心ひかれました。 「緑青忌」は公家の双子の姉妹の家で起きた事件が語られますが、明治から大正期に宮中にあがって勤めていた双子の言葉遣いのひとつひとつ..(2021.08.17 By dj kazuru Posted in: dj kazuru, Uncategorized)

Que calor !!

映画「インザハイツ~in the heights」鑑賞。 2010年に同ミュージカルを日本で拝見してるのですがコンビニで、宝くじで、停電で~っていう内容すっかり忘れてました。 人種的に迫害され教育の機会も逃しがちなカリブ系の移民が合衆国の片隅で助け合って生きるストーリー..(2021.08.15 By dj kazuru Posted in: dj kazuru, Uncategorized)