Event

2019年2月のDJスケジュール

16206 1月は新曲満載でしたが、その傾向は2月もです。かける曲に迷うくらい。昨年のヘビーローテーション曲はすっかりお蔵入り状態です。さて今月のDJスケジュールは以下の通り。お時間あるときはぜひ!2/13(水)Tropi2/20(水)Tropi2/23(土)Sudada2/27(水)Tropi ..

2019年1月のDJインフォメーション

16094 実は昨年半ばからDJの出来が安定してきて調子が良いのです。理由はいくつかあって、まず機材を更新してそれが軌道に乗ったこと。音は明らかに一桁良くなっています。また、曲のリサーチも物凄く効率的になりました。そしてなによりも、音楽そのものを集中して楽しめるようになったこと。DJ歴は20年になりますが、歴..

12月のDJインフォメーション

1589012月のDJ Fukudaのスケジュールです。毎回、新曲良曲とりまぜてセットリストは常に変わりますので、続けて毎回来ても新鮮な感動を味わえます! 12/5    Tropi Azabu  DJ 21:0012/12  Tropi Azabu  DJ 21:0012/19  Tropi Azabu  ..

ISSAC DELGADO / Super Cubano

2011 Planet Records

2015-Issac Delgado

1. El Negro Vuelve A La Habana
2. Perdona
3. Salsa Timba y Amor
4. Somos Cuba
5. Que No Se Te Olvide
6. Mienteme
7. Pal Bailador
8. Mala Cabeza
9. Que No Se Te Olvide
10. Somos Cuba

イサック・デルガードのUS亡命第3作。
自ら一大決心をしてUSに亡命し、
サルサ・フィールドに飛び込んだイサックは
前2作で試行錯誤を続けていたのだと思います。

1998年の「Otra Idea」の製作で
イシドロ・インファンテやラモン・サンチェスに出会って、
このサウンドが自分の目指すサルサだと確信し、
10年かけて、亡命までしてそこに戻ったわけですが、

カルロス・マヌエル、マノリンなど、キューバ時代に一世を風靡した
スーパースターがUSでは泣かず飛ばずの中、
ヒット曲を生み出して数字を上げないと地位を得ることができない、
キューバとは違うマーケット主義の世界にいて、
自ら納得できる音楽にたどり着くには時間がかかったことでしょう。

レゲトンはともかく、ニューヨーク・サルサやバチャータまで歌い、
インディアとのデュエットなど
常に話題性を求めていかなくいてはならない世界なのです。

そんな中、このアルバムはどうでしょう。
タイトルは「SUPER CUBANO」。
ジャケは背中にキューバ旗をしょって振り向くアングル。

キューバを捨てずにUSサルサ界でがんばろうという気持ちを
そのまま音にできる立場、プロデュースを自らが行うまでに至ったのです。
そして音楽ディレクターはキューバ時代からの盟友、
ベーシストのアライン・ペレス。

クバトン・のアーティストやマノリンも参加させて、
サルサのど真ん中でいよいよ本格的に勝負に出た本作は、
キューバ音楽とサルサの融合を
自らの手で創りだすことに成功したといえる傑作といえるでしょう。

(福田カズノブ★2015.9.26)


Add A Comment