Event

DJ KAZURU の予定

16671 2019 9 15 sun 六本木トロピですこーしだけ DJ します ········ *timba club の中で少しだけDJ KAZURUの 時間があるということです 登場は21時から23時の間のどこか 2019 11..

TIMBA CLUB 5/5 2019

16442 GWはTIMBA CLUBへ! 盛り上がりましょう! キューバ好きの方 大歓迎です ..

2019年3月のDJスケジュール

16318 3月は最新Timba、TimCubaクラシックス、最新Salsaに往年のクラブクラシックス、そしてSonを縦横無尽に繰り出すスタイルで皆さんをお待ちしています。DJスケジュールは以下の通り。お時間あるときはぜひ!3/13(水)Tropi3/16(土)Tropi3/20(水)Tropi3/2..

TIM★CUBA Music of the Year 2016 その2

それでは2016年の6位から10位までの発表です。

第6位は、Jusus Cutino 「En La Cima」

3311435

最近は各バンドのカンタンテをゲストにした楽曲
だらけになっていますがこのアルバムも同様。

ですが、ソンテイストの楽曲が素晴らしいものばかり
で、かつ演奏も重厚で個人的には今年度裏NO.1。

ゲストミュージシャンも豪華。
中でもピアノのRolando Lunaが聴き所。
派手さはないものの良質なムシカ・クバーナ
だけでできている1枚です。

第7位は、Elito Reve y su Charangon 「La Salsa Tiene Mi Son」

P

最近、リリース、ライブ共に積極的に活動し好調なレべの
豪華ゲストボーカル陣を迎えてのセルフカバー集。
企画は第1位のクリマックスと同様。
こちらは特に新しいアレンジはありませんが、
相変わらずの怒涛のグルーヴは健在。

第8位は、Alain Almeida y la Constelacion de Cuba
「Pa lante y con fe」

07000347

印影のあるメロディが印象的なAlain Almeida 。
ティンバは強烈な演奏が身の上なところがあって、
本来もっていたキューバ音楽のセンティミエントな要素が
後退していた感がありますが、ここのところ
メロディ重視なバンドも多くでてきています。
このAlain Almeida はその筆頭。

第9位は、Reinier Morales y su Yambele Orquesta
「Soy cantante」

07000325

ソンクバーノを基調にしたバンドデビュー作。
アダルベルトとマノリートの間くらいの感じ。
B級ですが次作も聴いてみたいと思わせるものがあります。

第10位は、Jacob Forever 「El Inmortal」

el_inmortal_jacob_forever

クバトンというカテゴリーを越えて
いまやラテン界のトップアーティストとなった
Gente de Zona。そのメンバーのソロ作。

シングル曲は日本のクラブでも異例のヒットとなりました。
これは個人的な感想なのですが、
レゲトンやクバトンと呼ばれているジャンルの曲は
ヒットしているときのみクラブで光輝くのですが
時間とともに風化するスピードは
サルサやティンバより倍速のような気がします。

そんな旬な曲の入ったアルバムを10位にしてみました。

こんかいのベスト10はいかがでしたでしょうか。
この中で日本で手に入れたCDは、イサック、レべ、エル・ニーニョ
の3枚だけ。あとは全てデジタル配信による取得でした。
CD化されていないものがほとんどのような気がしますが、
もはやCDは出ない時代となった感もあります。

(福田カズノブ)


Add A Comment