Event

Japan Salsa Congres 2017

14454Japan Salsa Congress にDJ出演することになりました。 日程は今週末の金曜と土曜、DJタイムは以下。 10/27(金)19:00-23:00:前夜祭@シーバンスホール 10/28(土)20:30-23:30:本番@Zepp Tokyo ..

お知らせ★日本の科学者10月号

14313 日本の科学者10月号(本の泉社)   福田カズノブが 「商業主義からもっとも遠い ところに存在するキューバ音楽 〜その魅力の秘密はどこにあるのか」   というタイトルで執筆しています! けっこう長文ですよ。   ..

キューバ音楽の集い

13843 キューバ友好協会で こんなイベントやります!   キューバ音楽の魅力と ダンスパーティーに モヒートもついちゃう   お得企画です。  ..

TIM★CUBA Music of the Year 2016 その2

それでは2016年の6位から10位までの発表です。

第6位は、Jusus Cutino 「En La Cima」

3311435

最近は各バンドのカンタンテをゲストにした楽曲
だらけになっていますがこのアルバムも同様。

ですが、ソンテイストの楽曲が素晴らしいものばかり
で、かつ演奏も重厚で個人的には今年度裏NO.1。

ゲストミュージシャンも豪華。
中でもピアノのRolando Lunaが聴き所。
派手さはないものの良質なムシカ・クバーナ
だけでできている1枚です。

第7位は、Elito Reve y su Charangon 「La Salsa Tiene Mi Son」

P

最近、リリース、ライブ共に積極的に活動し好調なレべの
豪華ゲストボーカル陣を迎えてのセルフカバー集。
企画は第1位のクリマックスと同様。
こちらは特に新しいアレンジはありませんが、
相変わらずの怒涛のグルーヴは健在。

第8位は、Alain Almeida y la Constelacion de Cuba
「Pa lante y con fe」

07000347

印影のあるメロディが印象的なAlain Almeida 。
ティンバは強烈な演奏が身の上なところがあって、
本来もっていたキューバ音楽のセンティミエントな要素が
後退していた感がありますが、ここのところ
メロディ重視なバンドも多くでてきています。
このAlain Almeida はその筆頭。

第9位は、Reinier Morales y su Yambele Orquesta
「Soy cantante」

07000325

ソンクバーノを基調にしたバンドデビュー作。
アダルベルトとマノリートの間くらいの感じ。
B級ですが次作も聴いてみたいと思わせるものがあります。

第10位は、Jacob Forever 「El Inmortal」

el_inmortal_jacob_forever

クバトンというカテゴリーを越えて
いまやラテン界のトップアーティストとなった
Gente de Zona。そのメンバーのソロ作。

シングル曲は日本のクラブでも異例のヒットとなりました。
これは個人的な感想なのですが、
レゲトンやクバトンと呼ばれているジャンルの曲は
ヒットしているときのみクラブで光輝くのですが
時間とともに風化するスピードは
サルサやティンバより倍速のような気がします。

そんな旬な曲の入ったアルバムを10位にしてみました。

こんかいのベスト10はいかがでしたでしょうか。
この中で日本で手に入れたCDは、イサック、レべ、エル・ニーニョ
の3枚だけ。あとは全てデジタル配信による取得でした。
CD化されていないものがほとんどのような気がしますが、
もはやCDは出ない時代となった感もあります。

(福田カズノブ)


Add A Comment