Event

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

カウントダウン

17460 TIMCUBAカウントダウンありません が、12/31 麻布トロピにDJ KAZURU ちょっとだけ 遊びにいきます 21時から日付変わるあたりまでいる予定! ..

Valentín – Volvamos a querer

1997
CARIBE CD-9491


1. Volvamos a querer
2. Tú lo eres todo
3. Tirame la música,Valentín
4. Perdiste el juego
5. Tonado de amor
6. No me Preocupa
7. Le hiciste trampa
8. Tienes que esperar
9. Cómo me gusta

発売当時は良く聴いていたけれど、その後、棚から出して聴く機会がすっかりなくなってしまっていたアーティストの1人 Valentín。

何年かぶりのサウンドは、古き良き時代の音そのもので新鮮ですらありました。


レンティンは、全盛期のオルケスタ・レベ、アダルベルト・アルバレスのカンタンテを務めたトップ・ボーカリストとして 1994 年に 「 Gente
Barrio 」 を発表しソロ・デビュー。1997 年にこの作品 「 Volvamos a querer 」
を発表しましたが、以後すっかり音沙汰がなくなってしまったのです。

レベやアダルベルトの曲で、その特徴ある男っぽいミドル・テナーをよく聴いていたのが懐かしさの原因ですが、そのサウンドはただ単にボーカルのバックを超えたものがありました。

ベー
ス・ラインが、メロディを弾いているように変化するスタイルは、当時のサウンドを牽引していたNG La Banda
の影響。ホーン・セクションもジャズの影響がみえます。ソンやチャングイを歌ってきたバレンティンのボーカルは、どちらかといえば渋いスタイルですが、
バックのサルサ・ドゥーラと呼ばれていた頃の演奏と以外にもマッチしています。

2007 年現在の音からするとのんびりとした曲調に、1997 年当時のハバナの街並みを重ね合わせる人もいることでしょう。
キューバン・サルサがティンバと改名して破竹の快進撃を遂げる直前の良質なサウンドがこの作品には詰まっています。

ラムを飲みながら、たまに踊ってというという楽しみ方をするときには最良なのが1曲目。プロデューサーのダゴベルト・ゴンザレスのセンスが光っている6曲目はベスト・テイクです。

話題にのぼることの少ないこの作品、隠れた名盤の1つとして紹介しておきます。

(福田カズノブ ★ 2007/02/21)


Add A Comment