Event

2019年3月のDJスケジュール

16318 3月は最新Timba、TimCubaクラシックス、最新Salsaに往年のクラブクラシックス、そしてSonを縦横無尽に繰り出すスタイルで皆さんをお待ちしています。DJスケジュールは以下の通り。お時間あるときはぜひ!3/13(水)Tropi3/16(土)Tropi3/20(水)Tropi3/2..

2019年2月のDJスケジュール

16206 1月は新曲満載でしたが、その傾向は2月もです。かける曲に迷うくらい。昨年のヘビーローテーション曲はすっかりお蔵入り状態です。さて今月のDJスケジュールは以下の通り。お時間あるときはぜひ!2/13(水)Tropi2/20(水)Tropi2/23(土)Sudada2/27(水)Tropi ..

2019年1月のDJインフォメーション

16094 実は昨年半ばからDJの出来が安定してきて調子が良いのです。理由はいくつかあって、まず機材を更新してそれが軌道に乗ったこと。音は明らかに一桁良くなっています。また、曲のリサーチも物凄く効率的になりました。そしてなによりも、音楽そのものを集中して楽しめるようになったこと。DJ歴は20年になりますが、歴..

ムーンナイトダイバー
天童荒太著 拝読。

震災後、小説家たちが
何を書くか、本当に
悩んだと思います。

天童氏はもともと
人の死をテーマに
多くの作品を書いて来た作家。

「悼む人」では
死者への祈りを
旅しながら続ける主人公を
描きました。

そんな天童氏が震災後
書いたのは
亡くなった人の遺品を
海から引き揚げる
ダイバーの話。

その人にまつわるものが
思い出以外
何もないというのは
こんなにも悲しいことなのかと
読むうちに
自分が海の底にいるような
気になりました。

人は自分と何ら変わらない
立場だった人が死に
自分が生き残るがわになると
自分の生そのものを
否定してしまう傾向に
あるようですが···

幸せに生きることこそが
死者への誠実な祈りになる。

これが作者のたどり着いた
答えのようです。

DJ KAZURU


Add A Comment