Event

TIMBA CLUB 9/15 2019

17030 とりあえずティンバ好きは集まるといいよ! このイベントたまーにしかやりません。 SHIGE先生の音楽に密接した遊び心あるレッスン! キレッキレのDJ! 楽しめるよー。 地図はこちら ..

DJ KAZURU の予定

16671 2019 9 15 sun 六本木トロピですこーしだけ DJ します ········ *timba club の中で少しだけDJ KAZURUの 時間があるということです 登場は21時から23時の間のどこか 2019 11..

TIMBA CLUB 5/5 2019

16442 GWはTIMBA CLUBへ! 盛り上がりましょう! キューバ好きの方 大歓迎です ..

2005
UNIVERSAL 881 643 119-2

1. Intro Salsa Son Timba
2. Qué manera de quererte, qué manera
3. Yo seré para tí
4. El Chan Chan Son
5. Pare cochero
6. Atrévete
7. Remedio de amor
8. Mamina
9. Salsa Son Timba

Fidel
Morales (フィデル・モラレス) & Proyecto NEGA 名義で発表された 「 Salsa Son Timba 」
は、1979 年の 「 Estrellas de Areito 」 ( WPCR-19006-7 )、1986 年の 「 Festival
Del Son 1986 」 ( CRACD-211 )、1997 年の 「 Afro Cuban All Stars 」 ( WCD-047
) の3作品に継ぐ、2000 年代オールスター・アルバムの名盤候補の1つといえる作品です。

参加メンバーは、ボーカルに
Pedrito Calvo と Angel Bonne、マノリート・オルケスタの El Indio、バンボレオの Tania、クリマックスの
Juan Carlos Hechavarría 、元チャランガ・アバネーラの Tirso、そして Teté García Caturla 。
ベー
スは元クリマックスの名手 Roverto Riveró n、ピアノはイサック・バンドの Tony Rodriguez、シンセはクリマックスの
Yusel Dí az、ホーン・セクションは Germán Velazco、Amaury Pérez、Alexander Abreu
の名手3人、ティンバルのゲストに Amadito Valdés、そしてなんとトレスとして Manolito Simonet、という布陣。
豪華さに目がくらみそうですが、この作品の評価すべきところはフィデル・モラレスの作曲とアレンジの素晴らしさなのです。

皆さんはこれだけの豪華メンバーを集めてリーダー・アルバムを制作することのできるフィデル・モラレスとは何ものなのかと疑問を感じることでしょう。
それでは、シーンに復活した幻のミュージシャン、フィデル・モラレスを紹介します。

彼の名前を初めて目にしたのは NG La Banda、1990 年のセカンド・アルバムの1曲目「 La Expresiva 」の作曲者として。
日本ではセカンドの CD 化が最初だったので、この曲が NG La Banda の印象を決定付けたようなものです。

の後、自身のバンド El Grupo Layé からデビュー CD「 Tremenda Expresividad 」を発表。初期の NG La
Banda、オプス・トレセ、初期のパウロに通じるサウンドで、ソンからキューバン・サルサ移行期の重要な作品といえる内容でした。

その後、なぜか音沙汰がなくなるのですが、海外ツアー時に国外在住となり、パナマを拠点にしてしまったようです。

時はキューバン・サルサの黎明期、その後にイサック・デルガード、チャランガ・アバネーラ、クリマックス、メディコ・デ・ラ・サルサなど新バンドが大活躍
していく時期だったので、フィデル・モラレスがキューバ国内にいたならば、強力なバンド・リーダーの一人として影響を与えたことと思います。

そして12 年後、突如として彼のリーダー・アルバムが登場。名前を見て驚きましたが、その内容の充実ぶりにはさらに驚きでした。

各楽曲を見ていくと、


曲目は、フィデル・モラレスとヘルマン・ベラスコの共作。この CD
のテーマ・ソングです。ヘルマン・ベラスコはイラケレからホセ・ルイス・コルテスと共に NG La Banda
を結成したディレクトールですが、フィデル・モラレスとはその頃からの付き合いでこの作品に協力したのでしょう。

2曲目は、グルーポ・ライソンのリーダー Luis Rios のペンによる名曲。アンヘル・ボンネが歌っています。


曲目は、フィデル・モラレス作。ボーカルは、元チャランガ・アバネーラ、そしてプーピ・バンド、アフロ・キューバンを経て、ソロになったティルソ。ミディ
アム・テンポのながらティンバの要素を含んだナンバーでフィデル・モラレスのメロディ・メーカーとしての才能が全開したナンバーです。

4曲目は、モダンなアレンジをバックにペドロ・カルボが歌う Chan Chan。

5曲目は、スタンダード・ナンバーといえる Pare cochero をエル・インディオが歌っています。このあたり2,4,5曲目はソンを現代的なアレンジにしたものといえます。

6曲目は、アスーカル・ネグラからバンボレオに移籍したタニアが歌う、フィデル・モラレスの作品。伸びやかなボーカル、流れるような美しいメロディ、そしてキレのある演奏とダイナミックなアレンジ、タニアの代表曲になりそうな名演です。

7曲目は、クリマックスのボーカリストが歌うフィデル・モラレスの作品。ヌエバ・トローバ調のメロディから後半一転して劇的な展開になるところが聴き所。

8曲目は、オマーラと並ぶ存在のテレーサ・ガルシーアが素晴らしいボーカルを見せるフィデル・モラレスの作品。アマディート・バルデスのクールなティンバレスが印象的で、徐々に盛り上がり爆発するビック・バンド・スタイルのサウンドを味わえる作品です。

9曲目は、ボーカリスト全員が歌う1曲目と同様のナンバー。テーマ曲としてこの作品のトータル性を出しています。

この「 Salsa Son Timba 」は、ソンとサルサ、ティンバを同じトーンのアレンジで違和感なく1枚のアルバムに収めたという点で、評価すべきオールスター・アルバムといえます。
ソンとサルサ、ティンバはそれぞれ個別のものではなく、ソースは多少異なっても1つに繋がったキューバ音楽なのだということを賛歌しているのだと思います。

2005 年に入ってイサック・デルガードをはじめとしてキューバン・サルサの復調はいよいよ本物になってきました。
新作でこれほどの名作が出ることはめったにないことなので、ぜひ聴かれることをお勧めします。

この作品をきっかけにして、フィデル・モラレスの次回作がリリースされることを期待してやみません。

(福田 カズノブ ★ 2005/10/03)


Add A Comment