Event

TIMBA CLUB 9/15 2019

17030 とりあえずティンバ好きは集まるといいよ! このイベントたまーにしかやりません。 SHIGE先生の音楽に密接した遊び心あるレッスン! キレッキレのDJ! 楽しめるよー。 地図はこちら ..

DJ KAZURU の予定

16671 2019 9 15 sun 六本木トロピですこーしだけ DJ します ········ *timba club の中で少しだけDJ KAZURUの 時間があるということです 登場は21時から23時の間のどこか 2019 11..

TIMBA CLUB 5/5 2019

16442 GWはTIMBA CLUBへ! 盛り上がりましょう! キューバ好きの方 大歓迎です ..

Issac Delgado – Otra Idea

1997
RMM RMD 82063


1.Luz Viajera
2.24 Días
3.Ni La Casa Ni Yó
4.Brindando Con El Alma
5.La Chica Del Sol
6.Quédate Más
7.Locas Por El Mambo
8.Guitarra Que Ha Dejdo De Sonar
9.Deja Que Roberto te Toque

Issac Delgadoには名曲、名盤が多くベストの1枚を選ぶとなると悩むところですが、1997年にRMMから発表した5作目の「Otra Idea」が僕のイチオシです。

1988
年にNG la Bandaに加入して、リードボーカルをとった「「Necesito Una
Amiga」がビックヒットとなり、一躍有名になったイサックは1991年に独立。デビュー作のアレンジャーは音楽学校時代の友人Gonzalo
Rubalcaba。2、3作目は、NG la Bandaで同僚だったGiraldo Pilotoがディレクションし、4作目はJoaquín
Betancourtが担当しています。そしてこの5作目は、RMMの本拠地ニューヨークで録音し、RMMの主要プロデューサーIsidro
InfanteとRamón Sánchezがキューバ側のJoaquínとともにアレンジを担当しました。

コアなキューバ音楽ファンか
らすると、この作品はNYサルサ的で気に入らないという評価が下りそうですが、僕の評価は逆で、影響されたのはイサック側ではなくNY側だったのだと感じ
ています。この録音の前後からRMMレーベルでは、ティンバ風アレンジのNYサルサが全盛になっていったことから察すると、キューバ人プレイヤーの生演奏
に触れたその衝撃は相当のものがあったのでしょう。

イサックはその翌年RMMから代表作ともいえる「La Primera Noche」をリリースし、名実共にキューバン・サルサの歌い手としては、最も海外で認められる存在になっていきます。

さて、この「Otra Idea」ですが「最高」という賛辞に値するナンバーが目白押しです。
1.Luz
Viajeraは、DJイベント「ティンクーバ」でも欠かすことの出来ない一曲で、メロディが印象的なナンバー。次の2.24
DíasはJoaquín Betancourtのアレンジが冴える曲。3.Ni La Casa Ni YóはNY側のIsidro
Infanteが担当した曲ですが、イサックは全く違和感なく自分の持ち歌にしています。4曲目はMelón
Gonzálezのイントロからピアノが印象的に耳を刺激する名曲。当時のイサック・バンドのライブではメインを飾っていた曲です。そして、9.Deja
Que Roberto te Toqueは、ソンの名作曲者Cándido FabréのナンバーをIsidro
Infanteが素晴らしいアレンジで仕上げています。Melón
Gonzálezのピアノがドライブするこの曲は、キューバン・ティンバとNYサルサの融合。

このアルバムの制作の後、イサックのオルケスタはNYのセントラル・パークやマイアミでライブを行い、一世を風靡したブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ系のアーティストとは違う迫力の生演奏を見せつけ、観衆の度肝を抜いたそうです。
イサックの素晴らしいところは、亡命という手段をとらずに、この時期にビジネスとして海外と渡り合って世界進出を果たしたという点にあるのではないでしょうか。

(福田 カズノブ ★ 2005/02/21)


Add A Comment