Event

DJ KAZURU の予定

16671 2019 9 15 sun 六本木トロピですこーしだけ DJ します ········ *timba club の中で少しだけDJ KAZURUの 時間があるということです 登場は21時から23時の間のどこか 2019 11..

TIMBA CLUB 5/5 2019

16442 GWはTIMBA CLUBへ! 盛り上がりましょう! キューバ好きの方 大歓迎です ..

2019年3月のDJスケジュール

16318 3月は最新Timba、TimCubaクラシックス、最新Salsaに往年のクラブクラシックス、そしてSonを縦横無尽に繰り出すスタイルで皆さんをお待ちしています。DJスケジュールは以下の通り。お時間あるときはぜひ!3/13(水)Tropi3/16(土)Tropi3/20(水)Tropi3/2..

1993
VICJ-5047


1. ユージニア / タニア・マリア
2. マダレーナ / ジョアン・ブラッキーン
3. サンバ・オールディ・ロング / ホルヘ・ダルト&ザ・インター・アメリカン・バンド
4. ジャンプ / フローラ・プリム&アイアート
5. ソイ・ヨ / モンゴ・サンタマリア
6. メドレー,インプレッションンズ~ソー・ホワット / モンティ・アレキサンダー・クインテット
7. オデ・トゥ・カチャオ / ティト・プエンテ
8. オン・ア・サンデー・アフタヌーン / レイ・バレット&ニュー・ワールド・スピリット
9. リップ・スマッカー / ポンチョ・サンチェス
10. マンボ・ミンドロ / カル・ジェイダー
11. ユンバンベ / ポンチョ・サンチェス
12. デスカルガ / ティト・プエンテ
13. ヤトラッタ / タニア・マリア

選曲:ラファエル・セバーグ(UFO)

今回はキューバ無関係です。
コンコード・レーベルからピックアップされた
ラテン・コンピレーションです。

本当は♯1が収録されているタニア・マリアの
オリジナル・アルバムを紹介しても良かったのですけれど
それをブラジル音楽を専門としない私が挙げるには
あまりに図々しいだろうと
そういった思いで程よくラテンミックスされたこのコンピレーションを
選ばせていただきました。

そういうわけですから、♯7や♯11や♯12あたりのものは
実はどうでもいい。

とにかくタニア・マリアの奇跡的に心を揺さぶる演奏を
お聴きになって戴きたいのです。

♯1はイントロからフェイド・アウトしていくラストまで完璧です。
言ってみれば
「踊りたくなるリズムでとても明るさに満ちているのに
なぜだか涙が溢れそうになる。奇妙な祝祭感に包まれた曲」
なのですが、これをそのまま伝えたところブラジル音楽に詳しい方は
「それこそがサウダージじゃないの」と
仰いました。

ああ、そうなのですね。
望郷の心というだけでは確かに足りない
この混沌とした、表と裏がないまぜになったような気持ち。
それを表現するのにこんな便利な言葉があったとようやく
私は気が付くに至ったのです。

ところで、この曲をコンパイルしたラファエル・セバーグ氏
自身のライナーノーツによると、これはDJした時にミステイクで
かけてしまった曲だが、とても気に入ったとあります。
ならば、氏のミスに感謝致しましょう。
他にも偶然みつけたよい曲などが収められていたなら
もう少し、レア度の高いコンピレーションになったかも知れません。

とはいえ、フローラ・プリムの曲(♯4)などは大変素敵です。
コンコードというレーベルのセンスがよく現れている一曲。
つまりはデスカルガ・ラティーナといいつつも
ブラジルに特化して耳を傾けてみよ、と。
今回はそういうことです。

(DJ KAZURU ★ 2007/05/21)


Add A Comment