Event

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

カウントダウン

17460 TIMCUBAカウントダウンありません が、12/31 麻布トロピにDJ KAZURU ちょっとだけ 遊びにいきます 21時から日付変わるあたりまでいる予定! ..

COKE ESCOVEDO – COKE

1975
VSCD-722


1No One To Depend On
2 Why Can’t We Be Lovers
3 Rebirth
4 Easy Come Easy Go
5 Love Letters
6 Halls Delight
7 If I Ever Lose This Heaven
8 What Are You Under
9 Make It Sweet
10 Life Is A Tortured Love Affair

エスコヴェードといえば、そうです
シーラ.E.の親戚筋でございます。
彼女の叔父に当たるコーク・エスコヴェードは
偉大なパーカッショニストでして
その存在は、ラテンロック界にも
多大なる影響を及ぼしたといわれていますが、
そういったシーンの隆盛に関係なく
このアルバム、よい作品です。

90年代風に言うならば
思いっきり free soul な風味ど真ん中で
♯2あたりのこみあげ系にのった
温かみのある、深く黒いボーカルに
聴き入り堪能していると
これがパーカッショニストのリーダー作であることなど
どうでもよくなってくる始末(もちろん、思い切り
パーカッションを味わえる曲も入っています、♯4とか)。

最大の魅力は
曲の終わりにダカダカ入ってくるティンバレスが印象的な
スモーキー・ロビンソンのカヴァー♯5、
ストリングスを伴うイントロだけでノックアウトされそうな
レオン・ウエアの名曲♯7(男性ボーカルのセクシーさが
たまらない上に、コンガの出番が絶妙)あたりでしょうか。

ラテン特有の田舎臭さは、殆ど感じられなくて
大人っぽい曲ばかりを扱っています。
ラテン音楽にとっては、重要なパートとなる
パーカッショニストがこうした曲調において
表現を求めていったということも、興味深いことです。

コーク・エスコヴェードはキャリアも長く
カル・ジェイダー、
サンタナ、といった
ラテン音楽を語るには欠かせない
シーンの要となるようなアーテイストの
レコーディングやlive にかかわってきた人なのですが
余り、そういったことに囚われずに聴いてみると
すごく趣味のよいパーカッショニストが
自由に作ると、こんなにも美しい
アルバムが出来るのかと、思うのですね。

それにしても
1970年代。
現役バリバリのラテン・パーカッショニストが
ここまで「モータウン」的な音を好んでいたとは
不思議なようでもあり、当然のことのようでもあり。。。

(DJ KAZURU ★ 2006/07/10)


Add A Comment