Event

TIMBA CLUB 9/15 2019

17030 とりあえずティンバ好きは集まるといいよ! このイベントたまーにしかやりません。 SHIGE先生の音楽に密接した遊び心あるレッスン! キレッキレのDJ! 楽しめるよー。 地図はこちら ..

DJ KAZURU の予定

16671 2019 9 15 sun 六本木トロピですこーしだけ DJ します ········ *timba club の中で少しだけDJ KAZURUの 時間があるということです 登場は21時から23時の間のどこか 2019 11..

TIMBA CLUB 5/5 2019

16442 GWはTIMBA CLUBへ! 盛り上がりましょう! キューバ好きの方 大歓迎です ..

ガール礼讃

今年も由比ガ浜ビーチイヴェントに
TIM★CUBAからDJが参戦する運びとなりました。

チケットなど、こちらで
お取り扱いする予定です。

日程は、8月20日。
毎年、楽しみという方
本当に多くいらっしゃるようで、特に
昨年はティンクーでみかけるお客様
大勢いらっしゃってました。

・・・

奥田英朗 著 「ガール」

女の子、というには年を重ねてしまったけれど
ガールの心意気で毎日を頑張って生きている
「お仕事女子」が主役の短編集。

自分が「勤め人」ではないので
此処にかかれるシチュエーションが、実際に
起こりうることなのか否か
分かりかねますが、未だに働く女子は
「キャピーな若い子」と「オジサン」の間で
きゅうきゅうとしているのでしょうか。
だとしたらオソロシイことだ。。。

それにしても今の時代は
三十でも四十でも女子=ガールの
心持でOKとされる時代ですから
「ガール」の引退時期を逸している人
多いということは言えそうです。

個人的にはいつまでも「ガール」で
いる必要などないし、見ためだって
若づくりすることなく年齢相応でいいじゃん、と
思いますが、そもそも
「年相応」が時代と共にズレていっているのね。

私が思う
「日本の生涯一ガール」は
田辺聖子氏かな。

(DJ KAZURU)


Add A Comment