Event

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

カウントダウン

17460 TIMCUBAカウントダウンありません が、12/31 麻布トロピにDJ KAZURU ちょっとだけ 遊びにいきます 21時から日付変わるあたりまでいる予定! ..

古典を新訳する

池澤夏樹編の
日本文学全集で「菅原伝授手習鑑」の
新訳を担当した
三浦しをんさんのトークイベントに
行ってきましたよ。

事前に

「本持参のこと
作品を読んでくるように」

とのお達しがあったので
当然全員読んでいるのが前提で
始まるものと思っていましたら
最初から

「ネタバレ
大丈夫ですか?」

と仰るし
ストーリーの説明が逐一なされて
拍子抜けでしたよ。

こういった有名な古典作品は
歌舞伎座でうろうろしているような
おばさま方のほうが
よく頭に入っているものかも、ですね。

作家を交えての
大学のゼミのような
トークイベントは
どこか別のところでやっているのかな?

それはともかく
この新訳は
現代人であるわれわれには
とても親しみやすく
良い仕上がりだと思います。

三浦嬢も仰っていましたが
古典における
尺貫法や
和歌の解釈などは
現代人がすっと納得できる
表現にあらためなければ
具体的な実感がつかめないまま
読みつづけることになるんですね。

そのあたりをズバッと
読みやすくした古典が
三浦版の菅原伝授手習鑑です。

トークイベントの醍醐味といえば
直接作家に質問できることですが
私は
最近の文楽技芸員の推しメンを
きいてみましたよ。

残念ながら
最近は文楽にいかれていないとのことで
誰推し、という返答はいただけませんでしたが
やはり作家の方なので
テクストを愉しむ
そこに重きをおくのかなと思った次第。

私は
いつも音楽中心に文楽という
娯楽を享受しているので
今回のように
細やかに登場人物の心の機微を
説明されると
おお、と思うのです。

これは
作家の手書きの
人物相関図の一部。

ほんの30人くらいの
イベントのために
こういうのを作る情熱って
いいですね。

 

 

DJ KAZURU

 


Add A Comment