Event

2019年2月のDJスケジュール

16206 1月は新曲満載でしたが、その傾向は2月もです。かける曲に迷うくらい。昨年のヘビーローテーション曲はすっかりお蔵入り状態です。さて今月のDJスケジュールは以下の通り。お時間あるときはぜひ!2/13(水)Tropi2/20(水)Tropi2/23(土)Sudada2/27(水)Tropi ..

2019年1月のDJインフォメーション

16094 実は昨年半ばからDJの出来が安定してきて調子が良いのです。理由はいくつかあって、まず機材を更新してそれが軌道に乗ったこと。音は明らかに一桁良くなっています。また、曲のリサーチも物凄く効率的になりました。そしてなによりも、音楽そのものを集中して楽しめるようになったこと。DJ歴は20年になりますが、歴..

12月のDJインフォメーション

1589012月のDJ Fukudaのスケジュールです。毎回、新曲良曲とりまぜてセットリストは常に変わりますので、続けて毎回来ても新鮮な感動を味わえます! 12/5    Tropi Azabu  DJ 21:0012/12  Tropi Azabu  DJ 21:0012/19  Tropi Azabu  ..

TIM★CUBAディスク大賞2017 その1

明けましておめでとうございます。
恒例のTIM★CUBAディスク大賞2017の発表です。

昨今の音楽リリースですが完全にCDからデジタル配信に
移行してしまったようです。
もはやCDは大物アーティストが後付けでリリース
するものといった形態。

このディスク大賞も日本で発売されたCDを
対象にしていましたが、
一昨年からデジタル配信のアルバムも対象に加えました。
ところが2017年を見てみるとさらに変化は加速していて
アルバム単位ではなく楽曲1曲ごとになっているようです。

世の中は音楽に限らずデジタルとAIの技術が経済のみならず
文化のありようも変えてしまっています。
でもこの流れはもはや後戻りできません。

キューバ音楽ではどうでしょうか。
CDのリリースがないことによるディメリットは
ライナーなどのクレジット情報が欠落すること、
そのバンドの発表記録が残りにくくなることなどが
あげられますが、なかなか届かなかった新曲が
キューバ国内と同時に手に入るとすれば
メリットのほうがはるかに大きいといえます。

珠玉混合のデジタル配信の楽曲に
記録や評論を加味することができれば、
愛好者としては日本にいてダイレクトにキューバ音楽を
楽しむことができる時代が来たわけです。

(ただしこの記録と評論は、対価がともなわないので
誰も行っていないのが現状)

そんな中でのTIM★CUBAディスク大賞2017の発表です。

2017年は大物アーティストのアルバムリリースは少なく
良かったのはこのAzucar Negraのみでした。
(Klimaxの傑作は2016年にエントリー済)

リーダーのリモンタはBamboleoのラサロバルデスのような
凄腕アレンジャーではありませんが実績では、
彼を凌ぐ名作曲者であることは間違いありません。

現在のAzucar Negraの欠点はアレンジ力。
過去にCharanga Habaneraに提供した名曲「Nube Pasajera」
を「Pa’ Que Se Entere la Habana」としてほぼ同じアレンジで
アルバムにいれていますが、これが時代を越えて今も
光輝いていてディスク大賞2017としました。

彼の作品は素晴らしいので
Azucar Negraデビュー時クラスのアレンジを行える
ミュージシャンの補強を強く望んでいます。

(20180104 福田カズノブ)


Add A Comment