Event

TIMBA CLUB 9/15 2019

17030 とりあえずティンバ好きは集まるといいよ! このイベントたまーにしかやりません。 SHIGE先生の音楽に密接した遊び心あるレッスン! キレッキレのDJ! 楽しめるよー。 地図はこちら ..

DJ KAZURU の予定

16671 2019 9 15 sun 六本木トロピですこーしだけ DJ します ········ *timba club の中で少しだけDJ KAZURUの 時間があるということです 登場は21時から23時の間のどこか 2019 11..

TIMBA CLUB 5/5 2019

16442 GWはTIMBA CLUBへ! 盛り上がりましょう! キューバ好きの方 大歓迎です ..

V.A. – Cuba le Canta a Serrat

2005
DISCMEDI ZZ 999DD-02


CD1
1. Tarres
2. Por Dignidad
3. No Hago otra Cosa Que Pensar en Tí
4. Como un Gorrión
5. Toca Madera
6. Te Guste o no
7. Menos Tu Vientre
8. Para La Libertad
9. Lucía
10. Señora
11. Mediterráneo
CD2
1. Mensaje de Amor de Curso legal
2. Paraules d`Amor
3. La Mujer Que yo Quiero
4. Cantares
5. Aquellas Pequeñas Cosas
6. Me Gusta Todo De Tí
7. Tu Nombre Me Sabe a Yerba
8. Hoy Puede Ser Un Gran Un Día
9. Desamor
10. Penélope

中南米全域でも人気のあるスペインのシンガー・ソング・ライター Joan Manuel Serrat の作品をキューバのそうそうたるアーティスト陣が演奏した企画物。
全て新録というところからもただのコンピとは一線を化し、トータル・アルバムとしての存在感をもったアルバムになっています。

聴き所は、キューバにはないジョアン・マヌエル・セラートのメロディ・ラインをそれぞれの音楽スタイルのアーティストがどのように料理したかという点。

トラディショナル・ソンのスタイルからの参加は、Pancho Amat ( CD-1 ① )、Trio Taicuba ( CD-2 ④ )、Familia Valera Miranda ( CD-2 ⑧ )の 3 組。
ソンという音楽の前半、ギア部分はスペイン色が強いので、全く違和感のない作品になっています。Familia Valera Miranda のバンド・グルーヴ、Pancho Amat の素晴らしいアレンジがいいという人はこのタイプのソン好きの証でしょう。

ブエナ・ビスタ組からは、Omara Portuondo ( CD-1 ② )、Grupo Compay Segundo ( CD-1 ④ )、Ibrahim Ferrer ( CD-1 ⑥ )、Pío Leyva ( CD-2 ⑥ )の4組。
セールスを考えると欧米向きには外せない面々ですが、しっとりとしたオマーラの歌、ロベルト・フォンセカなどによるモダンなアレンジとイブライムのボーカルの不思議なコントラスト。ピオ・レイバのバックで聴けるエッジの利いた演奏など、それぞれなかなかです。

キュー
バ音楽の巨匠といわれる人達の参加は、Orquesta Aragón ( CD-1 ③ )、Silvio Rodríguez ( CD-1 ⑦
)、Pablo Milanés ( CD-2 ① )、Chucho Valdés ( CD-2 ② ) の4組。
いずれもセラートの作品という感じはまったくなく自分の音楽世界にしています。特にパブロ・ミラネスは出色の仕上がりで、彼は作曲者のみならずボーカリストとして最高クラスの実力者なのだということがよくわかります。


ルサ・ティンバ勢からは、Vania ( CD-1 ⑤ )、Haila ( CD-1 ⑨ )、Charanga Habanera ( CD-1
⑩ )、Pupy y los que Son Son ( CD-2 ③ )、Bamboleo ( CD-2 ⑩ )の5組の参加。
タタ・グ
イネスの参加したバンニアのファンキーな演奏、チャランガ、プーピ、バンボレオは、それぞれの持ち味を生かしながら楽曲のメロディに忠実な演奏になってい
ます。この中でよかったのは、バンニアとチャランガ・アバネーラ。チャランガ・アバネーラは良い楽曲さえあれば、素晴らしい歌と演奏ができる最高なオルケ
スタなのだということを改めて感じました。

その他、ヌエバ・トローバ系サルサの David Álvarez や新傾向のミクスチャー・キューバ音楽を演奏する若手グループなどが参加し、さらに幅の広いキューバ音楽を聴かせています。

ジョ
アン・マヌエル・セラートの都会的なメロディと懐の深いキューバ音楽の融合が絶妙にマッチしたこの作品集、2005
年のラテン・グラミー賞コンテンポラリー・トロピカル部門にもノミネートされるなどキューバ以外で評価されましたが、それぞれのアーティストの比較や別の
一面を見ることが出来るアルバムとして、見逃すことはできません。

(福田カズノブ ★ 2007/05/03)


Add A Comment