Event

イヴェント休業中《TIMCUBA動画》

18644 https://youtu.be/BELIZJu0ruM 2021年現在timcubaのイヴェント休業中です。 2014年の過去動画ですが 六本木で思いきりダンスと音楽を味わえた時代の 映像ご覧ください。 by DJ KAZURU ..

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

大食いはおよしなさい

ウエッジウッドのバタフライシリーズを
幾つか揃えてみました。
珈琲よりは紅茶をよくいただきます。

・・・

twitter を眺めていると

「サブスクの普及で
あらゆる新曲が簡単に聴けるようになった分
消費の速さが
昔の比ではなくなったんですよね。

1-2週間聴かれて、もう次っていう感じ。

これはどうしようもない部分なのだけど、
制作者目線では結構悩ましいところ」

と、この数年ヨーロッパ含め
ディスコサウンドで大評価されてる
t-groove 氏は言い

それに対し30年以上音楽業界でソウル中心に
ライナーノーツ書いてきた吉岡正晴氏は

「まさに、僕は
サブスクがここまで中心になる前から、
音楽の消費の速さが
ものすごく気になるようなってました。

自分自身も割とそんな感じを
無意識のうちに持つようになっていて、
まずいなあ、とも思っているのですが…。
音楽の総数自体が
もう飽和状態にあるのかもしれません」

と返している。

音楽が飯の種でもあり、かつ
大好きなものでもある彼らが
こう感じるのですから、素人さんだって
みんな音楽の消費は
「あっという間」
になっているんじゃないかな
と、思います。

15年くらい前でしょうか。

強靭な胃袋をもつ
グルメ評論家が登場してかなり
注目されたのですが、ひとりで入店し
3人前くらいは
平気で胃におさめていくので
フレンチレストランでも
いくつもメイン料理を注文していました。

私が思ったことは

「数々の料理の中から
いま、自分が食べるべき一皿を
選べない(選ばない)食事は不幸だ」

ということです。

どんなに
立派な財力と胃袋があるか知りませんが
手当たり次第に食べる、そして
一皿づつケチをつけたり褒めたりする。
これは
真っ当な食事ではないと感じました。

この店で一番光るメインの一皿を
メニュウからみつけ出し
その料理がもっとも美味しくいただける
流れを生み出してくれる
前菜とワインをつかみとる力のある人が
豊かであると言えるでしょう。

音楽も似たようなものです。

大食いと雑食をやめることです。

DJ KAZURU


Add A Comment