Event

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

カウントダウン

17460 TIMCUBAカウントダウンありません が、12/31 麻布トロピにDJ KAZURU ちょっとだけ 遊びにいきます 21時から日付変わるあたりまでいる予定! ..

Son d Klibre ライブ評

日本にはキューバのプロ・ミュージシャンが数多く在住し、
それぞれのパートで活躍していますが、
今回横浜で初めて観たSon d KlibreのリーダーであるYacelは
そのいずれとも異なるミュージシャンでした。

それはキューバ人をまったく入れずに
日本人だけのバンドを率いて、作曲、アレンジ、
そしてボーカルを担当し、
素晴らしいキューバ音楽を創り出していたこと。

キューバ音楽のグルーヴは、演奏者全員が
そのリズム理解して揃えないと生まれないので、
凄腕のキューバ人がいても日本人のメンバーとのスキル差が
あるとアンサンブルの時点でばたばたになって
崩壊してしまうのが常ですが、
このバンドは逆転の発想でその問題を解決していたのです。

それは、日本人にバンド演奏を任せ、自身は
ボーカリスト兼ディレクターとなって
全体をコントロールしていき、その上で
更なるグルーヴをボーカルで加えていたのです。
ティンバ初期の曲調を武器にしたオリジナルは安定感抜群。
ずっと浸っていたいと思える本来のキューバ音楽を
久々に聴いた気がしました。


Add A Comment