Event

2/10 復活TIM★CUBA

17568 2/10 麻布トロピで久しぶりに ティンクーバやります。 DJ KAZURU が昔作った キレッキレのリミックス中心。 翌日が祝日なので ゆっくりお楽しみいただければ幸いです ************** La Tropi Azab..

2/1 イサックを語る

17586 下北沢ボデギータで 福田カズノブがイサックデルガードを語る マニア向けのイベントです キューバ料理もご注文いただけます ..

カウントダウン

17460 TIMCUBAカウントダウンありません が、12/31 麻布トロピにDJ KAZURU ちょっとだけ 遊びにいきます 21時から日付変わるあたりまでいる予定! ..

汝、殺すなかれ

わたくしは戦争体験を
元に書かれた小説というものに
大変興味があるのですが
「野火」は自分の中でも
重く受け止めている小説です。

「100分de名著」シリーズで
島田雅彦が解説してたものを
読んでみました。

島田氏も指摘する通り
冒頭からして強烈に始まるのです。

戦地において、食料もなく
健康も失ったときに
主人公は部隊から
役に立たないものとして、芋6本を
退職金がわりに放り出されるのですが

「最後に得られる自由の喜び」

は、とっても
インパクトがあるのです。

フィリピンの戦地で
ボロボロになって
食料もない、助かるあてもないのに
自由に満たされるところから
小説はスタートします。

わたくしは
この「自由」にはじまり
「信仰」とか「モラル」とか
色々なことを
考えながら読むから、わーっと
すごく頭が熱くなるのです。

何でこんなに好きな小説なのかと
思っていたのですが
島田雅彦氏は
日本映画の最高傑作として
「東京物語」「七人の侍」があがるように
明治以降の近代文学史において
ベスト3にランクインする小説である
と言っていて
あ、みんなこの小説の力に
圧倒されるんだ、と
思いました。

島田氏は、大岡昇平
大西巨人、野間宏ら
戦争体験のある作家から直に
話を聞いたことがあり
その「第一次情報」は
動かしがたいリアリティがあり
独特の緊張感を感じる、と
言っています。

今は誰にも戦争など
絵空事です。

わたくしはいつも
「野火」に書かれた
「戦争を知らない者は半分子供である」
を、心に留めています。

DJ KAZURU


Add A Comment